ブログトップ

松前 佐輔子(占いコラム)

愛は周りに合わせるものではない

「おまえは素晴らしい人間だ。おまえはおまえであればよい。おまえがお前である限り

私たちは何をしようとお前を愛しているよ」

と私たちの自己愛には両親の愛が反映しています。

そこから来る安定感がなければ、未知のものより既知のものを選び

親の気に入る生き方を求めつづけ、自分自身の基本的な独自性を破壊していきます。

親を喜ばせようとして、あるいは社会全体を含めた他者の期待にこたえるために

結婚し就職し子供をもうける限りそこからの営みは本質的に浅薄なものとなる。

愛情深く子供に接していても、そう期待されているからというのが主な理由である間は

子供心に鈍感で、微妙な、しかもしばしば最も重要な愛の表し方がわからない。

愛の最高の形は、常に完全に自由な選択です。

周りに合わせるためのものではありません。

自分を大切にし、親の期待に沿うために自分を殺すのはやめませんか。

しっかり自立し「私は私で生きていきます」と不純な両親に正々堂々と言ってやりましょう。


明日は、新月と十五夜が重なりますね。お塩の取り換えと新月に願い事を忘れないように

しましょう。私も明日は、たくさんお祈りいたします。
Commented by まろ at 2010-01-14 10:34 x
おはようございます。
今日のブログは親にも読んで欲しいです(・・*)
何を決める時でも、親の顔色を伺っている自分がイヤになる事があります。この歳になっても怖いんですね^^;これこそ、自信を持って勇気を持って自分を主張していかなければならないです。大きなことをいつも言いながら、親子の関係になるとシュンとなりますね^^;ハズカチ…
はっきり主張できた時に、親を超え本当の意味での自立ができるんだと思います。

自分の子ども達には寛大でいたいですし、ある程度の距離をもって付き合っていきたいです。とにかく自分で責任さえ取れれば、思うように生きていってほしいですからね。そういう点では無条件に愛しているつもりです。

愛は親子の関係が基本なので、改善していかなければならないと思いました。気づきをありがとうございます。
Commented at 2010-01-14 12:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by まぁ at 2010-01-14 13:26 x
喜ばれるためにがんばってきた、これはかなり苦しかったですね。喜ばせる対象がいなくなった後の空虚感で長い間苦しみました。でもそれが本当ではなく、本当は自分を喜ばせる、誰でもない自分に喜ぶのが必要なんだと感じることができるようになってきました。
Commented by miwako48 at 2010-01-14 14:29
まろ様、コメントありがとうございます。之からお子様を育てる方たちは、しっかりお子様と向き合ってほしいですね。親御さんも子どもも一人の人間として自立していなければ本当に安定した選択はできないですよね。
私も経験積みです。
Commented by miwako48 at 2010-01-14 14:31
〇様、コメントありがとうございます。良かったですね。一時合格ですか。努力が実りましたね。おめでとうございます。
Commented by miwako48 at 2010-01-14 14:35
まぁ様は、お子様のころかなり期待されてお育ちになっているでしょう。
母親を亡くすということは、一番つらいことですよね。自立を早く促されています。ご自分の足で立ってご自分を幸せになさってください。お母様はいつでも応援してくださっています。
Commented by かおる at 2010-01-14 15:30 x
親の期待に沿うために自分を殺すのはやめにしたつもりですが、なかなか良い子でいなければいけないんじゃないか...とどこかにそんな考えがまだまだあります。「私は私で生きていきます」と両親に年賀状等で伝えてはいるのですが、私の生き方に本当の意味で理解してもらえていないことを感じます。私の伝え方もぶっきらぼうで駄目なのかもしれませんが... 辛いですね。
Commented at 2010-01-14 16:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by miwako48 at 2010-01-14 16:38
かおる様、コメントありがとうございます。お正月はお家に帰れなかったんですか?型にはめるご両親ですなんですか。そうであっても気づいたんですから自由になさってください。
Commented by miwako48 at 2010-01-14 16:39
〇様、コメントありがとうございます。彼はよく頑張りました。
努力している人は、良い方向に導かれます。
Commented by nono at 2010-01-14 23:06 x
親の自尊心を満足させるために、貶され、馬鹿にされ、駄目な人間だといわれてきました。世話をされてても、人として認めてもらってなかったのではないかと思います。
もう、親がやってきたことをわからせることは不可能です。
憎しみが湧いてきます。

年をとってからでも、自信を持つ事は可能でしょうか?
Commented by miwako48 at 2010-01-15 09:59
nono様、コメントありがとうございます。ご自分に自信がないのでしょうか。自信がないだけならこれから先出会う人たちの愛によって大きく変わることができます。ですが、何か障害があるのでしたら心理カウンセラーを受けられ専門の先生の深い愛のもとで治療していかれることも考慮ください。
by miwako48 | 2010-01-14 09:51 | Comments(12)