良好な関係

自分が思う通りにパートナーを動かしていては、良好なパートナーシップ

とは言えません。相手を思いどおりするのは主従関係です。

人それぞれに大変さは抱えていると思いますが、自分がしてほしいと思うことがあれば

そのためにどうすればいいかきちんと考えておくことです。

相手をどうこうしようとするのではなく、相手にこう動いてもらいたいと思ったら、

自分はどうすればいいのか?と自分に問いかけてみます。

矛先を相手に向けるのではなく、自分自身に向けることから本当のパートナーシップ

は育まれていきます。

このくらいわかってくれて当然とは、決して思ってはいけません。

合えて言葉にして伝えなければいけないことがたくさんあります。

言葉にして伝えることで、はじめてわかる相手の状況や気持ちがあります。

あなた自身が気づいたときから、本当のパートナーシップが始まります。
[PR]
by miwako48 | 2010-02-22 09:55