愛することのすばらしさとは

悲しさも苦しさもとことん気が済むまで

悲しみつくし苦しみむく。

そして気が済み、立ち上がれそうになったら

ゆっくりと立ち上がってみる。

気が済めば、気も澄んできます。

心が途中のままだと、気はにごったままです。

徹底的に、自分の気持ちにぶつかっていくことが、

大切です。

誰かを愛するということは、愛する相手に人間としての「価値」を見出すということです。

そういう体験は、多くの人々の価値やさまざまな物事の価値を見いだす方法を身につける

ことにもなります。

こういう技術をレベルアップさせることにより、人間は、自分を精神的に豊かにすること、

つまり成長させることができるのではないでしょうか。

愛が受け入れてもらえないものであっても、愛することそのものは、自分に人間的成長という

幸せをもたらしてくださいます。


自分がだれかを本当に愛している限り、どのような状態や結果になろうとも、

その愛は自分に対して確実に何かの幸せをもたらしてくれるのです。
[PR]
by miwako48 | 2014-07-23 21:42