2010年 01月 05日 ( 1 )

生きるための訓練

未知のものや人、出来事に出会うたびにそのつど自分の先入観や

特有の感情的な歪みに十分気づいていなければならない。

そこには、洗練された自己認識と勇気ある誠実さが要求される。

自我の脱中心化が経験されなければならないのです。

諦めること、諦めたものはすべてそれ以上に報われる。

自己を抑制することが、自己を拡大していく。

諦める苦しみは、死の苦しみですが、古い物の死は新しいものの

誕生です。新しいより良い考え、概念、理解を発展させるためには

古い考え、概念、理解を消滅させなければならないことを意味しています。

より多くの喜びと苦痛を経験し学び、生きる苦しみが最低レベルまで

精神的に発達するために訓練することなのです。

そこに驚くばかりの愛が育ち驚くばかりの喜びが伴います。
[PR]
by miwako48 | 2010-01-05 10:06