<   2010年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

自分の成長は、いかにいい男性、女性と付き合うかということにかかってきます。

御金だけに価値観を見いだしている関係は、そこから育まれていくものはありません。

結局はおカネの切れ目が縁の切れ目になります。

それとは逆に、非常に社会的ビジョンを持っているとか、すごくセンスがいいとか、文化や

芸術に精通しているとか、そういう人との付き合いを経験するとそれによって自分の人間的な

幅が広がっていきます。

魅力的だなと映る人たちは、多くの場合素敵なパートナーに恵まれています。

特に年を重ねていく上で、どんなパートナーと生きてきたのかっということに、その人の人間力

は現れます。

あるがままの自分で生きていくためには、やっぱりそれを理解してくれるパートナーの存在は欠かせません。

あなたがあなたらしく、ときには失敗しながら、自分の人生をゆっくりと進んでいったなら

その途中で必ず運命の人に出会う時がきます。

それに気づくか気付かないかは、あなた自身にかかっていることは忘れないでください。
[PR]
by miwako48 | 2010-02-18 16:11

恋愛で成長できる人とは

恋愛においてどうすれば運命の人に出会えるでしょうか。この答えは

自分を信じる力です。自分を大切に扱っていれば、運命の人は”この人だ”

と感じ見えてくるものです。

人は、環境や状況に応じて、翻弄されたり、つまずいたりすることがあります。

ですがその経験を力として、反省して、自分はどのような人間なのかということを知って

いけばいいんです。そうすると自分に本当に合う人が見えてきます。

時に、魔が差すように、変な相手につかまって運を落としていくケースがあります。

それも、今の自分を試されているということです。

男女問わず「モテキ」というサイクルがあります。

そういうときに、甘い罠と素晴らしい贈り物が同時に起こることがあります。

どちらをとるかは、あなたのかかわり方次第。

少しでも気持ちが驕っていると、見誤ることになります。

逆に考えると、甘い罠にかかったほうがいい時期もあります。人間の器を広げる

ためには時には罠にかかるほうが必要です。

ぬるま湯ばかりに浸かっていては、人は真実に気が付きません。

自分をきちんと知らない人は、最高の伴侶を得ているのに、あえて火傷をしに行きたくなることも

あります。そこではじめて、自分の伴侶が最高の相手だと気づきます。

そこで気づくことができれば運気は巻き返しますし、気づくことができなければ

後の祭りになります。

恋愛で成長する人は、「気づき」ということを試されているんです。

この先どんな辛い思いを経験しても、きちんと気づけば次のステップへと

上がっていけます。

このプロセスで愛は、自分自身を成長させてくれるのです。
[PR]
by miwako48 | 2010-02-17 09:58

長い人生には、思うようにいかないこともいっぱいあります。

どちらかといえば一筋縄でいかないほうが、自分の経験として力になっていきます。

特に若くて体力のあるうちは、苦労は買ってでもすることが正解です。

何もかも順調にいくよりは、紆余曲折があって苦労したほうが人生の経験値は上がってきます。

自分の確かな血肉になります。

今どんなにうまくいっている人生でも、人生にはリズムがあるわけで、やたらに苦労

したり、流れが滞ることがあります。

迂回して避けたつもりになっても、結局は時間がかかってしまいます。

それよりは、潔く人生の渋滞にはまってください。

気力・体力の充電期間と知ることで、その先にはきれいな景色が見えてきます。



今、ほしい本があります。占いに関する本です。すごくお値段が張るので以前からほしかったのですが

躊躇していました。今月末には購入予定です。

皆様に還元するためにも、しっかり勉強しないと。今後ともよろしくお願いいたします。040.gif
[PR]
by miwako48 | 2010-02-16 09:41

恋愛も仕事もおなじ。何もしないであきらめるよりは、本気でぶつかっていくことに

意味がある。たとえそれで当たって砕けたとしても、その体験そのものに価値があるのだから。

周囲から見たら「こんな人辞めたほうがいいよ」というような相手であっても

本人が好きならば止めても仕方がないこと。

自分の思いに逆らって不完全燃焼のまま終わってしまったことには後悔が残るだけ。

当たって砕けなかったことには、いつまでも悪循環を繰り返すことになってしまう。

それよりは自分の思いのままぶつかっていったほうがいいです。

それで当たって砕けても、くだけて懲りない先には、恋から進化した真実の愛がつかめます。

本気で好きなら傷つくことを恐れれないこと。

そうして磨き磨かれて、愛というのが解ってきます。

その恋が成就しなくても、自己責任を持って覚悟して進めば、その先の道は開けてきます。

他人がどうかとか、周囲がどうかとかではなく、自分的に「どうか?」が一番大事なこと気付きましょう。
[PR]
by miwako48 | 2010-02-15 10:23

ピンチをチャンスに

経済不況の中、ピンチの世界だからこそ、実は最大のチャンスでもあります。

何を選択し、何を支持し、どこで誰とつながるかで運命さえも変わってきます。

いくつもの挫折を味わっている人は、心を強くするトレーニングを自然と受けています。

自分に正直に生きていさせすれば、何事も真剣になれます。最善を尽くした先での挫折なら

そこには後悔がありません。

こころおきなく次へ進めます。

本当に自分を大切にしていれば、自分に起きた出来事すべてを短絡的にみるわけなどないですから。

痛い思いをしたとしてもそこで気付けてよかったと思えるかどうかがカギになってくる。

「痛む」ということは「鍛える」ということ。

どん底の思いを味わった心はやがて強くなります。

そういう心はピンチに直面した時も折れたりはしません。

物事を近視眼的に見ないこと。

今は未来に通じています。今を大事にすることは、未来を見据えていること。

今に最善を尽くして、未来を見ることができたら、どんな状況でも八方塞がり

になることはないし、その先には必ずチャンスがおとづれます。

今生きている自分を信頼してください。
[PR]
by miwako48 | 2010-02-14 13:50

間違っても大丈夫

エネルギーがきちんと回っている人は、何事も惰性になっていない。

常に燃えていて、いつも目をきらきらと輝かせて取り組んでいます。

琴線に触れたことをはじめ、学びを得ていく。ただ学んだという満足だけでなく

学んだからこそやりたいことが沸き起こってくる。その結果次々と新たなことにチャレンジできる

ようになります。

ときにそれが間違っていることに一生懸命になっていたりします。

それも大きなプロセスです。

周囲の人から「それは絶対にまずいよ」といわれても自分が味わって判断することが

学びだから。その味が苦くても、それこそ経験は力となり得ます。

人間は無駄やストレスがないと生きていけません。

ストレスだけを排除したり、健康を求めすぎて不健康になったりする人もいます。

水漬ければ魚棲まずというように、人間も無菌状態の中だけにいたら生きるために

必要な免疫力ができなくなります。

周りから見たら遠回りしているように見えても、実際には長い人生に遠回りなんてありません。

その先で、「あの事があったから、これにつながっている」というようなところに

たどり着けたらいいのです。

人それぞれに成長のプロセスは違います。

エネルギーは使わないよりも、間違ってもいいからどんどん使っていったほうが、

スムーズに回っていきます。

失敗することで学びながら、そのことに気付いて行けたなら、結果的にはプラスのエネルギーへと

変えていけるのです。
[PR]
by miwako48 | 2010-02-13 10:25

人間関係の法則

自分がそうだから相手もそうなるというのが人間関係の法則です。

人と人との絆をしっかりと作らなければいけません。

恋も仕事もおなじ。策を弄すれば策で返されます。

損得勘定だけでかかわれば相手もあなたに対して損得だけになってしまう。

その真実に気づけたならマイナスのエネルギーをプラスに変えていくことができます。

ですが、自分の起こる不幸事を他人のせいばかりにしていては、いつまでもマイナスの

連鎖を繰り返すことになります。

人生は気付いた時がタイミングです。遅すぎることはありません。

会社の人間関係などで、いやだなと思う相手でもかかわらなければいけない場合

はあります。そんなときはその人の嫌な部分に同調しないことが大事です。

相手が上司や仕事の愚痴ばっかりいっている場合は、黙って聞いているだけでいいです。

同調しなければ無駄な摩擦はおきません。

そうするとしだいにマイナスのエネルギーを発する人たちは、自分の周りから遠ざかっていきます。

そして、ときには孤独を味わうことも必要です。

自分は何を望んでいるか。どこを目指したいのか。他人事としてではなく、ちゃんと自分ごとと

して考えて、人との本当の絆を育てていきましょう。
[PR]
by miwako48 | 2010-02-12 09:55

転職を天職へ

目指していた先で、あっちこっち転びながら「転職」から「天職」に、やがてたどりつく。

その間は、おためしですから、試練は続きます。

本当は「天職」から始まっていたのに、ステップをクリアできずに、気がつけなくて

転職してしまう人もいます。

人生の扉は、ノックしただけでは開かない。押してもだめなら引いてみないと。

開かない扉はいつまでたっても開かない。

私たちが望む人生という道には、いくつもの扉(ステップ)があります。

ひとつの扉が開いたかと思うと、その先には手ごわい扉があります。

その時々で感じたまま素直に、独断や偏見を捨ててトライしていかないと、

前に進むことができなくなります。

持って生まれた、性質、資質を人生の中で実践して、ステップを踏んで

学んで切磋琢磨されていきます。

人間は一人だけでは学べません。

たくさんの人と巡り合って、かかわって泣いて笑って、あっちこっちぶつかって

傷ついたりしながら磨かれて、今世の自分の性質・資質を活かした自然体なる

丸サになっていきます。

その丸は、雪だるまのようにくるくると大きくなりながらいくべきところにたどりつくのです。
[PR]
by miwako48 | 2010-02-11 10:01

自分の望みを満たすために誰かがひつようだと考えていると、その人が満たしても

満たしてくれなくても、結局はその人を恨む結果になってしまうのです。

人間関係の目的はこういうことではなく、本来の目的とは、あなたが幸せになることです。

あなたの幸せは、人とのつながり、与え、受け取るところから生まれます。

パートナーはあなたとなにかを創造するために存在しているのです。

その人はあなたとつながり、わかちあい、ともに前に進んでいくのを助けあうために

存在しています。

そして、全面的に幸せになるまで手に手を取って、ともに癒し合っていくためのパートナーなのです。

人に与えることであなた自身が満ち足りていれば、押しやられることはありません。

ただ与えることによって愛したい、というのがあなたの望みであれば、それを止めたり

拒絶したりできる人は誰もいないのです。

あなたが本当に与えたとき、それによってあなたは前進し、開かれ、拡大し、強くなります。

自分自身が与えることを通して、その果実である愛を本当に受け取り、楽しむことができるのです。
[PR]
by miwako48 | 2010-02-10 10:01

素直に一生懸命で

人間は、斜に構えていては伸びません。人間としての素直さが一番大事です。

そうでないと新しいことを吸収できないのです。

一生懸命何かを成し遂げた後、その人の人生の芽が出てきます。

今与えられた課題または役割をやってみる。

他人のためにエネルギーを注いでください。

それがたまりまんたんになったら、自分の魂の貯金として自分のためになるんです。

あるいは、自分のために一生懸命になる。

その結果自分とかかわっている人のためになる流れが自然と起きます。

一生懸命何かをするということは、自分と他者とのエネルギー交換になり、

やがてあなたの人生の相乗効果となります。

経験は力となりあなたの人生に大きな実りをもたらしてくださいます。
[PR]
by miwako48 | 2010-02-09 09:46