<   2010年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

御縁を大切に

生きていく中で御縁とは展開するもの。

あれこれ深く考えるよりも、「気になった」という正直な気持ちを味わってみればいいのです。

それが自分にとってどんな意味を持つのか?味わったからこそ生まれてくる次なる気持ちがあります。

そこに何らかの出会いがあるかもしれません。

それこそが御縁の展開です。

運命は、かかわる相手次第でどうにでもなります。

どこまでも上昇できるしどこまでも堕ちてしまいます。

愛を持ってかかわらないと、愛されません。きちんと自分を愛していないと、誰からも愛されません。

ですが、その愛のあり方は、常に問われます。

ですから、自分を客観視してみる必要があります。

自分を客観視するということは、とても勇気が要ります。

それをしてありのままのあなたをきちんと愛するということにつながります。

あなた自身のお仕事や人間関係にも当てはまります。

どんな小さな御縁でも、まずはその意味を考えてみてください。

それが自分にとって必要な御縁ならば、自然とつながっていきます。

そして本気の愛を注ぎ、注がれたとき、それはエネルギーの交換となって

プラスの御縁へと展開していくものです。
[PR]
by miwako48 | 2010-02-08 10:08

確かなる自分を持つ

現在は情報も知識も自由自在につかめる時代です。

だからこそ自分の「軸」をしっかり持っていないと、流れの中に飲み込まれてしまうことになります。

「因果応報」というか、良い悪いに関係なく、自分が行ったことへの報いというのも早くおとづれるのが

今という時代です。

よい報いを受けるためには、自分の価値や軸というものを明確にして、自分の「主軸」

を持つことが必要になります。

人生に必要な種をまき、その種から自分の発した言葉や行動と並行して実がなります。

ただ結果が出るまでの時間が加速しているので、軌道修正もしやすい。

もし悪い種と気づいたときには、そのタイミングで正直に手を打つ。

人生に手おくれはありません。

あなたが気付いたとき、それがあなたのタイミングです。

目の前の当たり前のことを一つ一つ大切にする。

一生懸命することは積み重なって、あなたの身に必要な実になります。

人とかかわらないと運は開けません。

勇気を持ってかかわった相手によって運びこまれる命のことを運命と呼びます。

自分自身の軸をしっかり持ってあなただけの人生をしなやかに対処してください。

曖昧さも自覚することです。それさえ分かっていれば曖昧はやがて明確な軸へと変わります。
[PR]
by miwako48 | 2010-02-07 10:09

自分への癒し

毎日の生活の中であなたは何いよっていやされますか。

当たり前の日常の中で、なにも大層なことをしなくても、お金をかけなくても

自分で自分を癒したり、奮い起こしたりする時間を持つことは大切です。

また体が疲れすぎたなら、心は正常には動きません。

たくさん眠って、ぼーっとする時間も人生には必要です。

そんなときこそ今の自分を少しだけ検証してみることを忘れないでください。


自分がきちんと大地に足をつけて生きているか。

第三者の目を持って普通に自分を見ることができるか。

自分は心底何を望んで、どこを目指したいのか。

そして何より、自分で自分を慈しんでいるのか。

心を満たす行為をしているのか。


もう一度問いかけて見てください。

あなたを癒すのも奮い起こせるのもあなた自身だけです。

あなたの心を救えるのはあなただけなのです。
[PR]
by miwako48 | 2010-02-06 09:32

我慢は毒

自分が動いたり、努力したりすれば状況を好転できるのに私さえ我慢すれば

というのは、自己犠牲のようですが、実際には自己満足でしかない。

自分が感じていることや欲していることは、素直に伝えていくのが一番。

その上で辛抱が必要な時は、自分でそのつらさを苦しさを味わえばいいんです。

わがままだよねといわれるほうが、返って良い方向に導かれます。


あるがままにわがままな人は、その場の気が読めます。理不尽に我を通したりしません。

自分の確固たる軸があるから、逆に物事に執着しないし自由でいられるのです。

つまらない我慢を続けるよりは、わがままを通すほうが人生は楽しくなるし

実りも多いものになるのです。
[PR]
by miwako48 | 2010-02-05 10:58

人に生き方は顔に出ます

その人の生きてきた証として「スッピンの人間」がありのままの顔になります。

人はそれぞれか課題があって、人生はらせん階段を歩むように一段一段上っていく

飛ばせないしずるはできません。

たとえ一瞬ズルができたとしても、その先で帳尻合わせが来るし、年をとったときに

ズルさが顔ににじみ出てしまう。

そうならないために自分の目の前にあることから逃げないでください。

あなたなりのペースでいいですから、自分の心をもっと感じて生きてほしい。

「感じる」というのは、その瞬間、自分が素直に思い描いているということ。

3秒で感じたことを浮かんだことをありのままに感じて生きていけばいいんです。

今世の肉体もあなたが選んで生まれてきたのです。

自分自身を大切に育んで磨いて、年を重ねるごとに輝いて素敵な顔に

なってください。
[PR]
by miwako48 | 2010-02-04 09:37

自分の人生が正しいか正しくないかは、自分で決めるものです。

運がいい悪いも自分の受け取り方次第です。

確かに人間だから、もちろん不安に陥ることもあります。

また勢いにのれている時だからこそ、知らず知らずのうちに心が緩んでしまうことも、

大きなステージに向かってまっしぐらに歩んでいるからこそ、孤高となって心に隙間風

が吹くこともあります。

自分を戒めることができるのは自分だけです。

頭では充分わかってはいてもぶれるのも人間です。

光が当たれば、影ができます。やがて影が濃くなって闇の中に落ちていく人が

いれば、その闇さえ照らす輝きを増す人もいます。

ここで言えるのは、輝いている人にも大なり小なりアクシデントといった現象は起きているのです。

人間はみな同じです。試されているのです。

ですから、どんな状況が起きようとも心が揺れなければ光に包まれます。

自分の運を光の方向に導けるのは、最終的には自分しかいないのです。



今日は節分です。お部屋の窓を開け換気を十分なされてください。
子丑天中殺。寅卯の天中殺の方はお近くの神社にお参りにいかれると厄がとれます。
豆は夜にそんぶんにおまきになってください。
明日からは、寅年です。
[PR]
by miwako48 | 2010-02-03 09:48

物事は一面では語れません。

いい面はある方向から見たら悪い面になりますし、悪い面はいい面になります。

どこかに光を当てれば影ができるということです。

人間は、自分の味方がともすると一面的になってしまいがちなところがあります。

意見が食い違った場合、そこで衝突が起こったり、別れにつながったり、争いになることもあります。

ですが、みんなが同じ見方をしたら、危険な方向に行くこともあります。

そう考えると、やはりお互いにそれぞれの見方をして見ることで、

人間関係が豊かになりますし、自分自身の中でも生まれてくるものがあるのだと思います。

どのようなことにも光と影があり、善と悪は隣り合わせにあります。

ですから自分の心はいつもニュートラルに。

どんな状況も対応できるように、多面的に考える習慣を身につけておきたい。

あなたのその時の環境、気持ち、目的に合わせて、自分自身で判断していく

力を持てるようにしましょう。
[PR]
by miwako48 | 2010-02-02 10:05

人生は巻き戻しはありません。

過ぎてしまったことをあれこれ悩むのではなく結果が失敗だとしても

その答えを知ることこそ大事なのです。

いい評価を目的としてあゆむのは大切なこと。けれど評価ばかり気にして

踏み出せなくなるのは本末転倒になります。

自分に素直に行動を起こすのが一番大切。

一方的に期待するから、裏切られたと感じる。気になることがあるなら、気になってしまうのは

なぜだろう?と徹底的に追究して、今の自分にできる万全の対策をしていく。

その時の自分にできる最善を尽くしましょう。

かっこ悪かろうと、恥をかこうと、嫌われようと、自分がやりたかった事を実行すればいいんです。

そしてそんな自分をねぎらって、ほめてあげてください。

いいとか悪いとかは関係なしに、その結果は等身大の自分への現在の解答。

きちんとしることに意味があるんです。


桜はまだ早いかなと先月から思いましたが、
季節の先取りは開運には、良いのです。
春の明るさを、生活に取り入れて見てください。
[PR]
by miwako48 | 2010-02-01 10:22